諸団体提携

【白山ユネスコエコパーク】

 【ユネスコエコパークとは】
 自然と人の調和と共生
 ユネスコエコパークは、1976年(昭和51年)にユネスコが開始しました。
 ユネスコの自然科学セクターで実施されるユネスコ人間と生物圏計画における一事業として実施されています。
 世界遺産が手つかずの自然を守る事を原則とする一方、ユネスコエコパークは、生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会の共存)を目的とする取り組みです。
 詳しくは、バナーをクリック。


【白山ユネスコエコパーク協議会】
 白山ユネスコエコパークは、1980年に核心地域と緩衝地域のみで登録されたものの、そのプロセスが政府主導だったこともあり、地域にはほとんど認知されていませんでした。
 地域が動き始めたのは2012年頃で、エリアに含まれる4県7市村で協議を重ね、移行地域を設ける拡張登録をユネスコに申請することを決めました。
 そして2014年1月、白山ユネスコエコパークの今後の管理運営を担う団体として、白山ユネスコエコパーク協議会を設立し、2016年3月にはユネスコに拡張登録が認められました。
 白山ユネスコエコパーク協議会は、4県7市村と NPO法人 環白山保護利用管理協会 の12者で構成しており、それぞれの代表者が議決権を有する委員を務めています。
 現在は白山市長が協議会長を務めており、事務局を白山市役所内に置いています。



【特定非営利活動法人 環白山保護利用管理協会事務局】
〒920-2121 石川県白山市鶴来本町4丁目5番地3号
TEL : 076-273-2822 FAX : 076-273-2422